ダンク50(Dunk)たぶん内燃機関最期の50cc原付になるんじゃないかなぁ

グルメ ツーリング スクーターレース 音楽 雑談

50ccの原付は、日本のガラバコス状態らしく販売台数もそれほど出ずにメーカーとしては、作れば作る程、赤字になってしまうようです。それでも日本では、50ccの原付の立ち位置が、免許制度の都合で、はじめて乗るエントリーバイクであったり通勤バイクであったりで、とても重要なポジションだったりします。そんな考えから2014年にホンダから新型モデルで登場したのが、このダンクって原付です。

バーハンドルのデザインがモダンなので若者ターゲットにふってるけど全体的にカジュアル過ぎないからオッサンでも違和感なく乗れそうなのが良いですね。日本メーカーあるあるだけど 特定のターゲットに寄せつつも平均的なところに落としてますね

主要装備

『アクセサリーソケット』

最近のスクーターには、装備してるモデルが増えましたね左の収納ポケットに付いています。スマホ充電に使えたりするので便利ですね。後付けで付けれるパーツでは、あるけどあったら便利だしやっぱり純正でついてると取り付けが綺麗にまとまってていいですね。

「ダンク用」ポケットクッションSET
スマホを充電出来るのは、嬉しいのですがポケットの中でスマホが振動でガチャガチャしてキズがつくのが気になる方はキタコからダンク専用のポケットクッションが、発売されています。何もなくても問題は、ないのですが備えあれば憂いなしですね。フタを閉めれば誰にも見えないですが自己満足のプチドレスアップです。ほら言うじゃないですが真のオシャレは、見えないところにもこだわると(笑)

『収納スペース』

右のポケットには、紙パックの牛乳がジャストサイズで入るようになってます。この画像は、ホンダの公式サイトから転載したものなのですが、紙パックドリンクに合わせて設計されてるとしか思えないほどピッタリです。やはりこれは、最新設計のバイクらしく地球のエコについて考え尽くされていてジュースは、ゴミ処理が大変なペットボトルじゃななく紙パックで飲めってことなのでしょう‼️間違いないっ‼️

そしてコンビニフックも当然のように付いてます地味にあったら嬉しい装備ですよね。

なんでもいいけど最近のスクーターのコンビニフックって引き出し式の物が多くデザイン性を重視してなんだろうけど個人的にこんなところにコストをかけなくてもいいと思ったりしてます😗

メットインは、ガソリンタンクが足下にあるタイプなので広いのかなーと思ったらラジエター液のタンクがあり広大ってわけでは、ないですが、現行型の50ccの原付の中では、1番広そうです。ラジエター液のレイアウトは、苦肉の策っぽいですね。確かにもうここくらいしかスペースは、ありません。

『アイドリングストップ』

低燃費に貢献するアイドリングストップ機能を50ccの原付でも採用してきてます。実際には、それほどの効果はなくしばらく乗ると使わなくなる人がほとんどだとか渋滞で使うとバッテリーが上がる可能性があるらしいです。しかしながらエンジンストップから再始動の違和感の無さは、感動レベルです。

デザイン

『メーター』

デザインの話でいきなりメーターかいって突っ込みが入りそうですね笑

でもライダーが車体に乗って見るのってメーターなので僕は、1番気にするポイントだったりします。構成は、見た目のまんま針のスピードメーターと液晶ですね。液晶には、走行距離やガソリン残量は当然として時計がついています。時計が、ついてると何気に便利ですね。

コンパクトにまとまっていてスマートなのがカッコいいです😗

『ヘッドライト』

2010年頃からのホンダ車によくある形状のヘッドライトですね。通称「おパンツ」光量は、十分で現行国内モデルの原付スクーターの中では、1番明るいんじゃないかなぁ😗

フロントカウルに埋め込まれるような形で付いているヘッドライトとウインナーは、角張った車体とのバランスとマッチしていてとても洗練されています。

『テールランプ』

テールランプは、LEDですね。昨今は、整形技術の向上で流線形のものが多いですが、ダンクは、ストイックな程に四角いです。子供の落書きみたいな意匠だけど逆にシンプルで普遍性があるとも言えますね。レジャーバイク感があってとても好感がもてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました