シグナス グリファスの歴史 水冷化 台湾モデルABS 最高速

グルメ ツーリング スクーターレース 音楽 雑談

シグナスXの後継モデルとして2021年に発売されました。先代のスポーツスクーターコンセプトは、そのままに長らく続いた空冷エンジンから水冷エンジンに進化して登場です。水冷化に伴いデメリットとして車重が増えて119kg⇨125kgと6kg増しになり車体もひと回り大きくなって小柄な方には、少し扱いにくくなりましたが、所詮は125ccスクーターなので、気にする必要の無い誤差の範囲です。

また上位モデルにグリファスと共通フレームで排気量155ccのXフォースが存在する。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『ブルーコアエンジン』

シグナスグリファス ブルーコアエンジン

シグナスXからシグナスグリファスに車名を変えたタイミングで、エンジンが空冷から最新型の水冷エンジンに変わりました。それにより最高出力9.8PS⇨12PSへと大幅にパワーが上がり、今までスポーツスクーターと謳っておきながら、PCXのようなシティーコミューターより、かなりパワーが劣るって状態が、同等レベルになりました。

VVA(バリアブル・バルブ・アクチュエーション)

VVA(バリアブル・バルブ・アクチュエーション)【YAMAHA Motorcycle Technology】
VVA(バリアブル・バルブ・アクチュエーション)の技術解説動画です。【Yamaha Motorcycle Technology】

いわゆる可変バルブです。高回転の最大馬力より低速走行のトルクを落とさない為のセッティングになってます。125ccスクーターで公道で常識的な走り方をするなら、最大出力の数字に意味はなく、低回転でのトルク感が強い方が気持ちいいので良い調整だと思います。逆にレース場などで最高速チャレンジをしたい人には、不満が出る感じですね。

『2眼ヘッドライト』

シグナスグリファス LED ヘッドライト

伝統の単眼ハロゲンヘッドライトから流行りの2眼LEDヘッドライトに変更されました。2眼化は、今までのシグナスとは違うぞってアピールする強い意匠ですね。

光り方はこんな感じでYAMAHA伝統のロービーム片目点灯ですね。個人的にはHONDA社のような両目点灯が好みですが、この方が効率が良いのかもしれないね😗

テールランプ

テールランプは、生物的とも宇宙船とも取れるような感じです

シグナスグリファスのデザインコンセプトは、肉食獣が獲物を狙う瞬間のアグレッシブさを表現してるらしいのですが、確かに威嚇をしている猫に似てる気がしなくもないですね😗

 

『USBソケット装備』

グリファス USBソケット

スマホ時代の必須装備のUSBソケットは、フロントグローブボックスに装備されてます。ナビを使う時などに使いたいのでハンドルの近くに付いているのは、とても合理的です。難点は防水キャップがゴムの蓋で、とても脆そうで、すぐにダメになりそうです。もう少し耐久性がありそうなものにして欲しかったですね。

『トランクスペースは、28L』

シグナス グリファス トランクスペース

トランクスペースは、先代モデルのシグナスXの29Lから28Lに減りましたが、それでも十分なサイズで、フルフェイス+雨具+小物くらいは収納できますよ。

グリファス フルフェイス 入る

システムタイプのヘルメットもギリギリ入るので、ほとんどのヘルメットが収納可能ですぞ😗

『UBSブレーキシステム』

UBS(ユニファイド・ブレーキ・システム)とカッコ付けた中2病のような名前のブレーキですが、ただのコンビブレーキです。

せっかく前後ディスクブレーキですがコンビブレーキのせいで前後の細かいブレーキ操作が、不可能です。長い事バイクを乗ってるライダーならわかると思いますが、前後のブレーキは絶対に独立して操作できないのは、おかしいとわかるはずです。コンビブレーキの全てが悪いとは、言いませんが走る喜びを売りにしてるバイクでこれは無いですね。

ちなみに台湾シグナスには前後独立でブレーキ操作ができるABSブレーキモデルがあります。

まっ

筆者はABSもいらない派なんだけどね😗

『フル液晶のメーター』

シグナス伝統のタコメーター付きのメーターです。燃費計などはついてないで機能はシンプルですが、それ以上の機能に必要性を感じません。また昼間の視認性も問題なくメーターとしての機能は100点です。

がッ‼️

それにしてもオジサン世代としては、アナログの針が一本もないのは、安っぽく見えます。

こんにちは

『昔は良かったオジサン』です。

好き嫌いに正解は無いので、嫌なら買わなきゃいいのさ😗

『12インチホイール』

最近流行りのは13インチ以上の大径ホイールですが、ミニバイク用のハイグリップタイヤは、10インチホイール用か、12インチホイール用しか、国内では流通していませんので、スポーツスクーターの絶対条件は、そのどちらかのサイズのホイールを装備している事になります。シグナスグリファスは、前モデルと同様に12インチホイールを装備していますので、ハイグリップ タイヤを装着すれば、低速域では、軽さも相まってスーパースポーツより高い旋回性能を発揮します。

昨今のミニバイク界隈のハイグリップタイヤは各社の競争の激化により最大性能を発揮する様な走り方をすると1時間と持たずにこの様な無惨な姿になります。トレッドパターンも道路交通法に適合させてるだけで、排水性はあまり考慮されていないセミスリックタイヤと言って差し支えないレベルの仕様になってます。しかし低温でもツーリングタイヤと同等程度のグリップ力があるのが唯一の救いです。

『諸元・スペック表』

型式 8BJ-SEJ4J
全長 1935mm
全幅 690mm
全高 1160mm
ホイールベース 1340mm
最低地上高 125mm
シート高 785mm
車両重量 125kg
最小回転半径 2.0m
乗車定員 2名
燃料消費率 44.5km/L
原動機型式 E33UE
エンジン 水冷単気筒4バルブ
排気量 124.6cc
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4
内径(シリンダーボア)52mm
行程(ピストンストローク)58.7mm
圧縮比11.2
最高出力 9kw/12ps
最高出力回転数 8000rpm
最大トルク 11N・m
最大トルク 1.1kgf・m
最大トルク回転数 6000rpm
燃料供給方式 フューエルインジェクション
燃料タンク容量 6.1L
燃料 レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CPR8EA-9
点火プラグ必要本数・合計 1
搭載バッテリー・型式 GT7B-4
バッテリー容量 12V-6.5Ah 10HR
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式
エンジンオイル全容量 1.0L
オイル交換時 0.9L
推奨エンジンオイル 10W-40
フレーム型式 アンダーボーン
キャスター角 26°30′
トレール量 90mm
ブレーキ形式(前)油圧式ディスク
ブレーキ形式(後)油圧式ディスク
ブレーキオイル適合規格 DOT 4
タイヤ(前) 120/70-12
タイヤ(後) 130/70-12
タイヤ標準指定空気圧 前2.00/後2.25
ヘッドライトタイプ LED
テールライトタイプ LED

カラーバリエーション

ディープパープリッシュブルーメタリックC
ディープパープリッシュブルーメタリックC

ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1
ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1

ホワイトメタリック1
ホワイトメタリック1

ブラックメタリックX
ブラックメタリックX

ブルーイッシュグレーソリッド4
ブルーイッシュグレーソリッド4

タイトルとURLをコピーしました