敵基地攻撃能力(つーさん)

グルメ ツーリング スクーターレース 音楽 雑談

政治の話は、詳しくないのだけど昔から憲法9条がウンタラカンタラで敵基地攻撃能力の話は、よくでてきますね。今の法律では、敵がミサイルを打ってきたら ミサイルを迎撃する事は、やってもいいけど ミサイルの発射元を攻撃しては、いけないってルールになってるそうです。つまり相手は、反撃がないので安心して攻撃したい放題 これってどうなのって誰もが思いますよね。

日本のミサイル迎撃システムも数で圧倒する飽和攻撃では、突破される状態らしく今の状況だと相手国が威嚇ではなく爆撃の意思を持って攻撃を仕掛けてきたら発射元を潰さないと日本本土にミサイルが降ってくるみたいです。

個人的には、安易かもしれないけど相手がサイルを打たれたら打ち返して何が悪いって思うんだけどね

なかなかにそうもいかないようですね

こんな事を見てると世界は、平等でも平和でもなく力が支配してるんだなぁ〜と

形を変えたり威力が凄まじくなっただけでだけで人類の本質は、石器時代から何も変わってないのかもね。

しかしここ何十年は、『抑止力』って形で武力による直接的な戦争をいくらかは、避けれているのは、なんとも言えませんなぁ

結局は、それも脅しあいをしてるだけで

緊張が高まれば何かの拍子に全面衝突になるような気がする




からだ燃える 痩せろデブ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

コメント

タイトルとURLをコピーしました