BW‘s50 マフラー

グルメ ツーリング スクーターレース 音楽 雑談

はいどーも完全に悪ノリですが

bw’s様にレーシングマフラーなんてハイカラな物は、販売されてないし自作で作るかワンオフになるのですが

まぁそこまでは、いいわってなったので

ファッションだけで購入しました。

パワーだけの話をすると
残念ながらクローズなコースでは、ほとんどノーマルと変わりません。
しかしバンク角の増加でコーナリングスピードを上げれます。正直このマフラーのチョイスした理由は、この1点のみです。

車体を倒すと接地してしまうエキパイが
他の商品より圧倒的に内側に入っていて
スポーツライディングを楽しめます。
これって、めちゃくちゃ重要でしょ。


このようにノーマルマフラーよりエキパイが内側に取り回しされてます。これによりバンク角が深く取れるわけです。
一般に流通している市販マフラーでは、僕が確認出来ている範囲では、ウィルズのが1番内側でした。

参考程度に明智ヒルトップサーキットでの最高速が62kmでしたノーマルマフラーだと64kmまで行きます(笑)

地平線が見えるほどのスーパーロングストレートがあれば、68kmまで伸びます。最高速だけ一応ノーマルより優秀です。


燃調は、ノーマルより少し濃いめになります。
またパワーが出てる回転が高くなるので
駆動系の調整が必要になります。
8800〜9100回転に合わせてます。


ここからは余談です。
限度は、ありますが
一般的にエキパイが長くて細い方が
低回転でパワーが出て
逆に太くて短い方が高回転でパワーが出ると言われてます。
お気に入りのフィーリングが出ない場合参考にして頂ければ嬉しいです😃
『排気流速』『吸気慣性』で検索すると
詳しく書いてるウェブサイトがありますので
調べてみると面白いですよ

絶対的なパワーを求めると黄金比みたいな物は、存在しますが、そのあたりの話は、レース屋さんに任せましょう

BW’S50(JBH-SA44J)用
O2センサーが付いてない前期型モデルは、こちらです


WirusWin BW’S50(JBH-SA53J) アトミックツインマフラー /ウイルズウィン
O2センサーが付いている後期型はこちらです
高価な商品なのでよくわからないと思った方は、2りんかんなどのバイク用品店で購入してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました